富士松鶴千代稽古場
新内富士松鶴千代のトップページ
鶴千代の魅力
新内富士松鶴千代の公演の模様
新内富士松鶴千代へのお問合せ
 

不思議な富士松、ミラクル鶴千代とでも呼びましょうか。
江戸庶民の間で語り継がれてきた新内が、あますことなくその情念を燃やしている。
現代の新内は「人の心を魅了する」
新たな形を整えつつあるといえる。
富士松鶴千代の劇場新内、それはあたかも万華鏡に喩えられる。
緞帳が開くたびに、新内の世界がくるくると展開する。
それは情念の世界と言い換えてもいいでしょう。男女の愛の世界ともいえます。日本人であるかぎり、人間が存在するかぎり、新内が感性のふる里なのです。
鶴千代さんは皆さんをわれわれの心のふる里である江戸時代に連れて行ってくれます。
新内浄瑠璃は富士松鶴千代さんによって芝居新内になったのです。
さぁ析が入りました。いよいよ芝居新内の幕開きです。

今日も「鶴」は広い空間を羽ばたきます。楽しみですね。



和の音楽・・・邦楽にふれてみませんか。
新内・長唄・小唄・端唄・など様々なジャンルの違いや楽器の魅力を生の演奏を交えてご紹介いたします。













この映像は、2017年11月に三越劇場「富士松鶴千代の世界」にて演じました「明治一代女」のほんの一部でございます。

お問い合わせ・お申込み富士松鶴千代後援会電話:03-3436-6054 FAX03-3436-6053

日本の伝統芸能「新内浄瑠璃」をいっしょに楽しみませんか。
三越カルチャーサロンでは「新内」の詞と唄を中心に、「小唄」「端唄」もご紹介いたします。

注)三越カルチャーサロンへの新規のお申し込みはWebページからはできません。
お電話でお申し込みください。
三越カルチャーサロン 日本橋三越本店 新館9階 03-3274-8595
見学(無料)、1回体験(有料)も随時受け付けております。お気軽にご連絡ください。

新着情報
Copyrightc 富士松鶴千代オフィス